ハイヤーを利用して親孝行

ハイヤーを利用する側はさまざまな想いがあります。自分のために利用する人、会社の依頼で利用する人、なかには親孝行のために利用する人もいます。親孝行のために利用する人の多くは、ハイヤーを使って観光をするというものです。ハイヤーは観光にも利用されており、ハイヤーと乗務員を貸し切ることで東京近郊を楽しくできるプランがあります。東京近郊といっても、幅広く対応しており、日光や鎌倉、富士山まで広い範囲で観光が楽しめるようになっています。東京近郊だけでも数多くの観光地がありますし、車窓から眺める景色も充分に楽しめます。

バスを使って1日東京観光をする、という観光ツアーなどはこれまでも見かけることがありましたし、日帰りバスツアーなどもさまざまなプランがあります。高齢者を中心に、時間的な余裕がある世代が楽しんでおり、お友達同士で楽しそうにされている様子を見かけたことがある人も多いことでしょう。ハイヤー観光は、このような気軽に参加できるツアーをハイヤーで行おうというものです。両者の違いは、乗務員と車両を自分たちだけで貸し切れるかどうかです。バスツアーの場合は友達同士で参加しても、数十人単位で移動するため、知らない人と相乗りになります。ひとりで参加されてもいいのですが、その場合は確実に隣の席は知らない人になるでしょう。しかし、ハイヤー観光の場合、ひとりからでも参加できますし、最大車両の定員までは参加できます。現在、セダンタイプの車両からミニバン、バンなど定員によって車両も使い分けされています。

ハイヤー観光の場合は、車両と乗務員1名の貸し切りとなるため、1人あたりの費用は人数が多ければ負担が少なくなるという仕組みです。この点はバスとは大きく違っており、バスは1人に対する価格が設定されていました。基本的にハイヤー観光はバス観光よりはどうしても費用がかかってしまうものですが、人数が多くなれば負担を軽減できます。友達同士で楽しめるので、周りの知らない人の人目を気にしなくていい点は思いっきり楽しめることにつながります。

このような場を提供してあげることは大きな親孝行であり、ハイヤー1台と乗務員の貸し切りなので気軽に友達を誘ってもらいましょう。どこを観光するのかも既存のプランから選ぶこともできますし、どうしても行きたい場所をピックアップして自分だけの旅行プランを作成してもらうこともできます。時間はだいたい3時間程度の貸し切りから、時間制でいくつかのパターンがあるので、利用したい会社に問い合わせされるといいでしょう。